ブルーライトは控えめに

直近数年の学術研究では、レム睡眠、ノンレム睡眠と、アルツハイマー病やうつ病など、脳波の低下がみられる病気との相関が疑われています。

難しい話は抜きにして簡単に説明すると、ノンレム睡眠ではなく、レム睡眠が長くなると、意外なことに脳波が強まり、アルツハイマー、うつなどの病気が改善する期待が出来ます。

不眠症ってホントにイヤですよね。



先週の土曜日の話ですがインターネットをずっとみていたら、ちょっと疲れたと思ってさっさとベッドに入って寝ようと思いましたが、すっかり目が冴えて、朝まで起きていました。

(眠)不眠症に悩み初めると、なかなか不眠症を改善できなくなります。
何事も楽観的にとらえ、命を取られるほどのことはない!というような考え方ができると、不眠症を悪化することなくに改善に繋がります。
自律神経を改善すると血流が良くなり、ぐっすり眠ることが出来ます。副交感神経をしっかり高めることでそれは実現できます。
落ち着いた音楽(気分を高揚させたり、リラックスさせたりする効果が期待できるでしょう)でリラックスした環境をつくり出したり、マッサージで血流を良好にしたり、腸内環境を整えて善玉菌を多くしたり、呼吸をゆっくり深呼吸をしっかりしたり、少しずつ改善していくと、快適な睡眠が得られるようになります。日本人の健康度調査によれば、成人の約20%以上が不眠を訴えており、約15%の人が昼間の眠さからくる居眠りに耐え、5%以上の人々が、寝酒や睡眠薬に頼っている不眠症というのです。
不眠症になったら、専門の医者に診てもらうと良いかも知れません。診察については先生とお話をして、ストレスや、日常生活から不眠症の原因を探っていきます。


就寝前のメールのやりとりは睡眠を浅くします。
グッドスリープ 睡眠障害 ブルーライト

パソコンやスマートフォンなどででブルーライトをたくさん見ると寝つきが悪くなるという話は聞いたことがあると思いますが、どちらかというと、メールやLINEの内容に興奮して、落ち着きが無くなってしまう事のほうが大きいように感じますね。
メールのやりとりをしても眠りには就けるものの、眠りが浅くなってしまうようです。
不眠症に悩む人の多くは、春先の花粉症で眠りが浅くなったり、夏場の蒸し暑さや気だるさから疲れが取れなくて不眠になったりします。


不眠症の中でも比較的割合は低いのですが、中には冬場の不眠に悩む人もいるのです。
その訳として、日照時間が短くてホルモンのバランス調整が上手にいかなくなったり、空気が乾燥して眠っている途中に喉や肌が荒れてしまうことが原因だったりする不眠症もあるのだ沿うです。

お年寄りの不眠症は案外多いです。症状の感じとしては、若い頃のように、朝までたっぷり眠って一度も目が覚めないように、しかし、5時間位で起きてしまい、不眠症だと思い込んでしまうのだ沿うです。

健康的には問題ないのに、当人にとっては不眠症なのです。
成人の約5人に1人が不眠症で悩んでいますが、性差で差があるものかネットでいろいろと調査しました。男性が約17%で、女性は約22%の結果で、女性のほうが多いのです。原因として考えられるのは、最も要因として強いのは、女性特有の体温サイクルで、特に体温が高くなると夜中も体温が下がりきらずに、眠りが浅くなる時期があるからなのだ沿うです。

FX業者