ビタミンB12が豊富な朝食で不眠を解消

ビタミンB12が豊富な朝食で不眠を解消、「快眠力」を高めましょう。

ストレス性の不眠が多いのは、あれこれ悩まざるをえないような、現代の社会的情勢が原因しているのでしょうか。

ストレス性の不眠に悩む人の食事内容を見てみると、食事の時間が不規則だったり、栄養バランスがよくなかったりする人が多いようです。

とくに睡眠に大切な栄養素はビタミンB12。

これは別名「神経ビタミン」と呼ばれており、ストレス性の病気に効果が認められています。

ビタミンB12が不足すると、自律神経のバランスがおかしくなり、ストレスに弱く、不眠などを引き起こしやすいと考えられています。

ビタミンB12が多く含まれる食品は、納豆、みそ、しょうゆ、大豆などの豆製品や、煮干し、サバ、イワシなどの魚介類で、牛や豚などのレバー、牛乳やチーズなどの乳製品のも含まれています。

納豆やイワシなどは日本の伝統的な朝食で、昔の人は無意識のうちに、体によいものをとりいれていたのです。

また、貝類のなかにはあさりにビタミンB12が多く含まれていますので、あさりのみそ汁なども眠りには効果的なのです。

そして、みそ汁には、少量でも三つ葉を入れるのがポイントです。

三つ葉は香りがよく、神経ストレスを抑えてくれる効果が期待できます。

1日に必要なビタミンB12はイワシなどの魚なら1尾で摂取できます。

納豆ご飯にあさりのみそ汁という組み合わせなら、夜の快適な眠りに向けての、格好の準備食となるのです。

ふだんの食事からビタミンB12を積極的にとって、自律神経のバランスを整え、不眠の解消に役立ててみましょう。

FX業者