5つの簡単「脳活性化」法

起きてすぐシャキッとするための5つの簡単「脳活性化」法

なんとか起床しても、頭がボーっとしてスッキリしないという人は、

簡単にできる5つの脳活性化を試してみましょう。

睡眠日記

@「起きたらすぐに1日の予定を書き出す」
今日しなければならないことを思い出すことで、脳の神経回路網の働きを活性化します。また、朝、目から得た情報は、脳に強く印象づけられるという利点もありますので、書いたメモを自分で見ることも重要です。

ぐっすりんEX【実際に試した結果】快眠効果・口コミ、最安通販購入方法



A「左手(利き手の逆)で歯を磨く」
使い慣れない手を意識的に動かすことによって、右脳・左脳がバランスよく刺激され、脳全体の活性化につながります。

B血行をよくする方法
脳に新鮮な血液をたっぷり送り込んで、その働きを目覚めさせようというものです。

C「糖分をとる」
糖分には、脳の唯一のエネルギーであるブドウ糖を補給し、脳の活動を促すという意味があるのです。砂糖水や砂糖入りのコーヒーを一杯飲む程度でも、前日の疲れが十分に抜けない朝などには効果があります。

D「何を着るのか、オシャレを考える」
脳の活性化とは関係がないように感じられるかもしれませんが、人間はオシャレをすると他人の目を気にするようになり、見られている意識があると、細部まで神経を行き届かせようとします。これが心に張りを持たせ、ひいては想像力や発想力を豊かに起動させて、脳の活性化に結びつくのです。
いずれにしても、自分自身が、夜型生活を反省し、早起きを実行してみた結果、起床後すぐにシャキッとするために推奨されている方法です。とくにつらいこともなく、道具も薬も不要で、だれでも簡単にできる方法ですので、気軽に試してみましょう。


オシャレなんてめんどくさいからイヤ!

という人は、それ以外だけでも構いません。

いずれも案外と効果が感じられると思います!

FX業者