深く眠れる幸せ

睡眠の考え方を変えて足し算的にしてしまおう。「2時間の睡眠を3回とれば6時間の睡眠」みたいな分断型はどうなのだろう?睡眠時間は合算すれば何でも良い、こういった考え方はやめたほうが良いそうです。睡眠には深部体温の周期があり、この周期から大聞く外れてしまう生活は人間の体にとって良いことではありません。



不眠症で悩んでいる患者のほぼ100%の人は、自分の毎日の睡眠時間を実際よりもまあまあ短く感じています。
実際に検査すると、寝付きにかかるまでの時間を、長く見積もっているケースが大半です。これを睡眠状態誤認というのです。

これは詐病や意図的な誇張ではなく、時間認知機能の低下が関連している場合があります。
ネットで調査したり、自分がいろいろ飲んでみてわかったのですが、なんと不眠症を抑制する精神をリラックス指せ、快眠に導いてくれるサプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)があるのです。



ドラッグストアで売っているものでも、早速手にしてみたいと思います。

近年の情報化社会の影響で、皆多忙となりナカナカ時間が取れません。そうすると、仕事やプライベートの時間を確保するために、まず犠牲にするのは睡眠のようですね。
グッドスリープ 目覚め 深い眠り 幸せ


誰でもそうですが、加齢といっしょに眠りが浅くなったり、目覚めの爽快感が悪くなったりする人も多いと思います。


可能であればそういった悩みを抱えないように、毎日すっきり目覚める睡眠術を学んでみましょう。

一度不眠症になると、医療機関に頼るのもひとつの手です。

診察に関しては美人な先生といろいろきかれました。ストレスや、日常生活から慢性不眠の原因を探ります。



一般的な人の睡眠サイクルは、レム睡眠とノンレム睡眠をワンセットで1.5時間位をワンサイクルとして。



眠っている間に4、5回程度繰り返すことで回復を図っています。


レム睡眠で体力を回復し、ノンレム睡眠で脳の疲れを回復します。
ノンレム睡眠が不足すると、立とえ長時間眠っても寝不足感が残ってしまう場合があります。最近の大学や企業の研究では、眠りの深さの指標であるレム睡眠やノンレム睡眠と、アルツハイマー症候群やうつ病、パニック障害などとの相関が判明してきています。難しい話は抜きにして簡単に説明すると、夢を見やすいレム睡眠が長くなると、予想に反して脳波が強まり、アルツハイマー、うつなどの病気が改善する期待ができます。不眠症ってご存じですか?先々週の話です。
毎日の精神的苦痛のせいか、ちょっと疲れた感じがしてお風呂も入らずに布団に横になりなりましたが、あまり眠ることができませんでした。(^_^;)不眠症って良く聞くのですが、実際にはさまざまな症状があるらしいですね。



メジャーなところでは、早朝覚醒、熟眠障害、入眠障害や中途覚醒、他にもいろいろあるそうです。

FX業者